ランニングにUVフェイスマスク

苦しくないランニングマスク♪しかも!日焼け防止のUVマスクで夏の紫外線対策を

  • 2020年5月21日
  • 2020年5月31日
  • UV
  • 7view

苦しくないランニングマスクがいいね。マスクをしてのランニングは苦しいし、時には危険なことも

 外出時のコロナ対策では、エチケットとして必須のマスクですが、気温が上がるにつれて、マスクの中も蒸れやすくなります。

しかも!不燃布のマスクの場合は、長時間つけるとより蒸れやすく

お肌が敏感な人なら、かゆくなったりこすれていたくなったりしますよね。

特に厳しいのが、運動をしながらのマスク着用です。

汗をかくため、余計に蒸れやすく、かゆくなる!! 

でも、マスクの弊害は それだけじゃないんです!さらには、怖いことに

通気性が悪いマスクでランニングすることで、肺と心臓に負担がかかるので、中国で運動中の若者の死亡事故が相次いでいます。

なので、コロナ感染を恐れて医療現場で使用する高機能マスクのN95を使用してランニングするのは危険行為ですし

通常のサージカルマスクでも死亡例があるようなので、不燃布のマスクは避けた方がよさそうです。

ランニングが苦しくなく、汗対策にもなるから、布製ランニングマスクがおすすめ

 そこで、ランニングのような運動時におすすめなのが、布製のマスクです。

 不燃布よりも通気性が良いから蒸れにくく、肺と心臓にも負担がかかりにくく

ランニングにはつきものの汗対策としても、優秀♪

額から流れる汗を吸って、快適に走れますし、洗うことでいつも清潔に使えます

でもね、実はマスク+UV対策ができる一石二鳥の布マスクがあるんです。

それが、こちら

息苦しくないUVフェイスカバーC型(UVカットフェイスマスク) です。

なんだか怪しい見た目でしょ?

実はこれ、運動を楽しむ方のために開発された日焼け予防マスクなんです。

私はバッキバキのUV対策として購入していたのですが、先日 TVを見ていたら、ランニングしている女性がマスクの代わりにつけているのを発見しました。

「息がしやすくて快適♪」とにっこりしていた彼女のコメントに私もにっこり

うんうん。わかります。これ、スポーツ用にはぴったりですよね。 体験者談

IMG_1370.JPG

コロナ対策として、今はマスクが必須です。

でも、どうせなら、美容のために日焼け防止の対策もしておきたい!

そう考えている方には、ぴったりなマスクです。

ランニング用マスクとしての、息苦しくないUVフェースカバーの口コミです

これからの季節、ランニング中にマスクをしていると、暑くて蒸れるし

何よ!肺と心臓に負担がかかると聞くと、不燃布でのランニングはちょっと怖い

そこで、こちらの息苦しくないUVフェイスカバーを詳しくご紹介しますね。

 このフェイスカバーは、正面から見たときには全くわからないのですが

実は、鼻のところと口のところに通気口があるんです。

黄色い矢印のところですが、鼻の部分は立体的になっていて、鼻の穴が出ます

IMG_1374).jpg

だからマスク状になっているものの、普通に息ができて呼吸を妨げない仕組みになっています

また、口の部分については、ふたで覆われています。

無理やり口の部分のカバーを上げると、こんな感じ

IMG_1373.JPG

なぜ口の部分も開くようになっているかというと、運動でずれないよう はじめにしっかりと固定されるマスクなので、外すときは面倒です。

そこで、のどが渇いた時に、ストローなどで飲めるようにという配慮です。

IMG_1402.JPG

このフェイスマスクは、運動する方のために作られたものですから、

激しいランニングのような運動でもずれたりしないよう、耳にかけるだけでなく、マジックテープで顔のサイズに合わせて後ろで止めるようになっています。

今は、コロナ対策のエチケットとして、マスクをしないで外に出ることは ためらわれます。

かといって、通常のマスクをしたままだと走りにくい。

でも、これならマスクのように見えるけど、鼻の部分から息がしやすくて、いつものランニングを心から楽しめます。

ただし!

口の部分は覆われていてエチケットとして機能していますが、鼻の穴はそのまま外気に触れていますので、

間隔をあけて走っていても、感染がどうしても怖い!

・・という方には向きませんので、ここで一言付け加えておきますね。

ランニングしながらUV対策!紫外線の夏におすすめのマスクです。

 見た目は、マスク

だけど、実は紫外線の影響を受けやすい頬部分も、UVカット仕様の生地でしっかりと覆ってブロック!

目より下をすっぽりと覆い隠すフェイスカバーを初めて知ったときは、見た目に驚いて、そこまでしなくても・・・と思ったんだけど

このようなすっぽり覆うタイプを愛用する方が、ここ数年でジワジワと増えていて、抵抗が少なくなってきました

紫外線の影響を受けやすく、シミができやすいのは、実は頬骨から下の部分です

年配の男性の方の顔を見ればよくわかると思うのですが、シミができているのは、まさにこの部分 👇

男性の場合は、顔にUVアイテムを塗る人は少ないため、紫外線の影響で年々皮膚も固くなっていくし、毛穴の開きも目立つようになります。

帽子は熱中症対策にはなりますが、頬の部分は無防備に日差しを受けます

そんな頬の部分を、丸ごとUVカット率98%以上の機能性生地で覆うのですから、これなら安心して紫外線が強い中でも、ランニングを楽しめますね。

息苦しくないUVフェイスカバーC型 は、の赤や青の華やかなペイズリー柄など、7色から選べます

気になるのはサイズですが、以前はなかった男性用も販売されて、選択肢が増えました。

男性の方や日本人離れした容姿で鼻が高いと感じる女性の方には、男性用をお勧めします。

生地はテロンと柔らかくて、肌触りがさらっとしています。

お洗濯後もすぐ乾きそうな手触りの生地は、、UVカット率98%以上の機能性生地で、

シミのできやすい頬部の生地は、二重になっている本格派です。

顔のサイズは人それぞれなので、フィッティングのためなは調整が難しいと思いますが

耳のゴム部分は自由に取り外せるようになっていますので、耳がきつい場合は、長めのゴムと取り換えることもできる仕様です。

鼻の部分の立体裁断のおかげで、走っているときの息苦しさはゼロ 

他の商品も試したことがあるのですが、これはずれないから快適に走れますよ。

エチケットとしてのマスク対策ができて、確実にUVカットが出来るアイテムだから、普段から運動を楽しむ方は、チェックしてみてね

ランニングにUVフェイスマスク
最新情報をチェックしよう!
>

コスメや健康食品を中心にいろいろモニターをしてきました。その中から気になって詳しく調べたことやお気に入りをご紹介しています。

CTR IMG