歯垢が落とせるイオン歯ブラシのメリットデメリットについて、使い方も口コミします

時短で歯垢が落とせるイオン歯ブラシを使っています

ちゃんと歯を磨いているのに、虫歯になりやすい方や、歯槽膿漏や口臭が気になるという方はいらっしゃいませんか?

もししたら、それらの症状は、歯と歯の隙間の歯垢がきちんと取り除けていないのが原因かもしれません。

そんな方に一度試してみてほしいのが、イオン歯ブラシです。

歯ブラシ本体に電池が内蔵されている商品なのですが、電動歯ブラシではありません

磨き方は普通の歯ブラシと同じなのですが、短時間で歯垢がよく落とせるのが特徴です。

しかも!

強くこすらなくても、磨きにくい歯の裏側までツルツルに磨けてしまうから驚かされます。

その秘密が、化学的な反応によっておこるマイナスイオン効果にあります。

驚いたことに、その歯除去率は、手磨き比較の48%UP!(米国 マーケットマーケット大学(Marquette University)調査)で

通常の歯ブラシの1.5倍の歯垢除去率なんです。

今回は、歯垢除去の能力に優れたイオン歯ブラシをご紹介します。

虫歯や口臭、歯槽膿漏に悩める方の症状が改善するきっかけになるといいですね。

なぜイオン歯ブラシで歯垢が通常の1.5倍も落とせるのか、イオン歯ブラシの仕組みについてご紹介します。

歯垢って、歯にはさまっている食べカスだと考えがちですが、違います。

歯垢は、食べカスから細菌が増殖してできた細菌の塊なのだそうです。

また、歯垢が残っていると、虫歯菌や歯周病菌の温床にもなってしまうのでよくありません。

ところが、取り除こうとして歯ブラシで磨いても、なかなか歯垢は取りにいものです。

そのわけは、口腔内の唾液が、プラスのイオンを持っているから。

唾液が、マイナスイオンを持つ歯と歯垢を、磁石で砂鉄を吸い寄せるように 強力にくっつけてしまうというのです。

そこで、試してみてほしいのが、イオン歯ブラシです♪

イオン歯ブラシから発生するマイナスイオンに、プラスのイオンを持つ唾液が吸い寄せられ、

強力にくっついていた歯と歯垢が反発しあうようになるから、軽く磨くだけでも歯垢を取り除きやすくなる

だから、イオン歯ブラシによっておこった化学反応で、通常の1.5倍も歯垢が落ちるというわけです。

電流が流れていても、ピリピリしたり痛むなどの刺激は一切なく

力を入れずに磨いても、歯垢がよく落ちるから、短時間に歯がつるつるする感覚を楽しむことができます。

イオン歯ブラシの使い方やお手入れについて

まずは電池残量を確認します

イオン歯ブラシは、使用前に電池がきちんと働いているか残量を確かめてみてください。

キスユー イオン歯ブラシ IONIC(アイオニック) などのイオン歯ブラシ製品の場合は、丸ボタンがついていますので

押すと同時にランプが光り、電池が残っていることを確認できます。

本体の電池は交換できませんが、通常使用で約1年使用できるとあります。

でも実際には、我が家で1年以上使えていました。

写真の黄緑色ボタンです

歯磨きペーストは、使わなくてもOK、少量使っても効果的です

微弱電流の化学反応で歯垢を落としますので、強くこすらなくても歯垢はよく落とせます

また、歯磨きペーストを使わなくても歯垢が落とせるのですが

泡なしで磨くとブラシが歯ぐきに直接あたって刺激を感じる方もいるでしょうし

清涼感がないと物足りない方やフッ素入りの歯磨きペーストを使いたい方もいらっしゃると思います。

イオン歯ブラシでは、歯磨きペーストをお好みで使ってもOKです。

私自身は、歯ぐきが弱くて、ブラシが刺激になるので、ほんの少し使うようにしています。

たったこれだけですが、一般的な歯ブラシで磨くよりも、歯が早くつるつるになって気持ちいいですよ。

本体ボディの金属・電導性樹脂部分に振れながら使うことで、マイナスイオンが出ます

歯を磨く時は、指の一部をボディの電流伝導パーツに触れて使用することが必要です。

例えば、IONIC(アイオニック)の場合は、下の写真の黒い部分です。

ここに触れていないとイオン信号が歯へと届きませんので、意味がありません

kiss youの場合は、一センチ程度の金属板部分ですので、IONIC(アイオニック)の方が触れる面積が広くて使いやすいと思いました。

イオン歯ブラシのメンテナンスについて

イオン歯ブラシは、単にブラシだけを水洗いするのではなく、独特のメンテナンスが必要です。

本体と替え歯ブラシは、楽に抜き差しできますので、これを洗うメンテナンスです。

2、3日に一度、でも、できれば毎日

替えブラシを本体から抜いて、バーと替えブラシを水洗いしてください。

この作業がちょっと ひと手間なのですが、イオン歯ブラシは、ブラシの先だけを洗ってかたずけていると、

バーの周りに歯垢が残り、歯ブラシが匂う原因になります。

実は以前、よく読まずに使い続けて、バーの周りに、溶けだした歯垢がたまってい替えブラシが抜けにくくなったことがありました。

歯垢がしっかり取れているのはすぐ実感できると思いますが、歯垢を歯ブラシに残さないよう、メンテナンスもお忘れなく。

イオン歯ブラシのまとめ

イオン歯ブラシは、微弱電流でマイナスイオンを発生させることで、歯垢を歯からはがしやすくさせる働きを持ちます。

軽く磨いても歯垢がよく落ちるし、時短できれいになるメリットがあります。

虫歯や歯槽膿漏・口臭も、歯に残った歯垢が原因になる場合があるので、

歯磨きペーストをいろいろ変えてみたけど改善しない場合は、イオン歯ブラシを一度お試ししてみるのもいいかと思います。

イオンブラシの値段は、安いメーカーのもので、ブラシ本体一本が500円程度です。

替えブラシは別売りで後から買うこともできます。

2本から10本まで選べ、本数によって値段が変わりますが、100円前後です。

kiss youの場合は、替えブラシの硬さは、硬いものから毛先が細くて柔らかいものまでいろいろ揃っていますので

歯茎が敏感で弱い方にも使いやすいと思います。

イオン歯ブラシは、中央にバーが入り、電池が内蔵されているもののほかに、太陽光電池で使うものもあります。

知名度はまだ低いものの、歯垢が落ちる仕組みは科学的な反応ですので、まやかしではなく、きちんと落ちますよ。

いろんなメーカーから販売されていますので、使い比べるのもよいかもしれません。

私のおすすめは、値段も手ごろで伝導板の面積が広いIONIC(アイオニック) ですが、キスユー イオン歯ブラシ 替えブラシがそのまま使えますので、ブラシについては種類が多いキスユーから選ぶといいかもしれません

歯は、長く人生に連れ添う相棒です。

人生100年時代に、歯を長く大切に使うために、歯垢ケアをしっかりと抜かりなく進めてゆきたいですね。

最新情報をこちらでチェックできます!
>

コスメや健康食品を中心にいろいろモニターをしてきました。その中から気になって詳しく調べたことやお気に入りをご紹介しています。

CTR IMG